無利息で長期間お金を借りるにはどうすればいいの?

ctr033a-sお金を借りる時に気を付けなくてはいけないのが、「利息」です。

借りた金額に応じて、定められた期間ごとに発生する手数料みたいなもので、借金の返済というと元金と利息分を返済するのが一般的です。

そのため、お金を借りる際には出来る限り利息が低い所を選ぶのが当然のことです。
理想を言えば、「無利息で長期間借りることが出来れば最高」なのですが、そんなことは可能なのでしょうか?

 

結論から言えば、そんな美味い話はありません。
お金を貸すのも慈善事業ではなく、手数料というのはいわば貸金業者側の儲けですから、ずっと無利子なんて虫の良い話は存在するわけがないのです。

 

しかし、長期間は無理であっても指定条件を満たすことである一定期間だけは無利子というシステムの貸金業者はいくつもあります。
そういった所を上手に使い回すことで、借り換えの手間というのはありますが、結果的に長期間利子を支払わないでお金を借りることが出来ます。

 

現在、無利息期間を設けている金融機関や貸金業者は非常に多く、その中には大手も名前を連ねています。

 

どこの無利息期間も基本的には30日間となっていますが、特筆すべきはレイクの「30日間無利息または5万円まで180日間無利息を選べる」というものと、ノーローンの「何度でも1週間無利息」というシステム。
特に後者の場合、1週間以内に完済して新たに借り入れを続ければずっと利息無しで借りることが可能となります。

 

無利息期間をうまくやりくりして、結果的に長期間の無利子を実現することというのは、不可能ではありません。

 

4社の無利息キャンペーンを上手に活用

 

無金利でお金を借りることが出来れば非常に便利ではないでしょうか。キャッシングやカードローンサービスを展開している消費者金融などの中には、無金利サービスを行っている会社も複数あります。

 

プロミス・アコム

※( プロミスの詳細はこちら

特に有名なのは「プロミス」と「アコム」ではないでしょうか。

どちらも初めての利用者のみという限定されたサービスにはなりますが、契約日の翌日から30日間は無金利でお金を借りることが可能になっています。

 

ここで注意すべき点は、契約日の翌日から30日間という点です。

簡単に言えば契約後30日間経過してからお金を借りた場合には、無金利ではなくなるわけです。

 

ですから無金利期間を最大限に利用するのであれば、契約してからすぐにお金を借りる必要があります。

契約日から日数が経てば経つほど無金利で利用できる日数が減るわけです。

 

新生銀行カードローン レイク

 

レイク」の場合には、30日間無金利のほかに、初めてのお借り入れの場合に限り、借入額の内の5万円までは180日間無金利で借りることが出来るサービスもあります。

30日間無金利か、5万円まで180日間無金利かどちらか一方を選ぶ必要はありますが、7万円借りて2万円だけ返済を行い、残りは180日間かけて少しずつ返済するという使い方も出来ますから、どちらか便利なほうを利用すると良いのではないでしょうか。

 

ノーローン

 

他にも長期間ではありませんが、「ノーローン」という会社も無金利サービスを行っています。

ノーローンの場合には、初めて利用した場合に一週間の無金利サービスが利用できます。

 

通常は1回のみで無金利サービスは終了になると考えますが、ノーローンの場合、借りたお金を完済した場合には翌月また一週間の無金利サービスを利用できます。

上手に利用すれば、一週間の無金利サービス期間中にお金を借り、期間中にお金を全て返済出来れば、また翌月無金利で利用が可能になるわけです。

 

無金利の状態を何度でも使うことが出来ますから、こちらのサービスも利用する価値があるのではないでしょうか。