本人に安定収入があれば学生でもカードローンで借入れができる

世の中にはお金を借りるためのサービスは色々なものがありますが、担保や保証人なしで借り入れをするためには消費者金融や銀行のカードローンが一つの選択肢となります。

 

こういった個人の消費者向けのローンサービスは、利用条件としてどのような身分の人であるかということはあまり問われませんので、年齢と収入の条件を満たせば学生でも利用できる場合が多いです。細い利用条件は会社によって変わりますが、一般的には二十歳以上という年齢の条件があり、さらに本人に安定した収入があるということが必要な条件となります。

 

まず大学3回生となると年齢の条件は満たしていると考えられますので問題ないでしょう。次に収入面についてですが、毎月安定した収入が発生しているアルバイトなどをしているならばカードローンの会社の審査の上で利用可能と判断される可能性は十分にあります。

 

カードローンの契約時に審査は在籍確認がありますので、単発や1か月ぐらいなどの短期のアルバイトでは審査に通過するのは難しいと考えられます。もし半年以上など長期でアルバイトをしているならば問題なく利用できる場合が多いはずです。

 

カードローンの契約をする時には書類提出を行う必要がありますが、借入れ金額が50万円未満ならば基本的に身分証明書があれば大丈夫です。身分証明書については運転免許証があれば問題ありませんので、もし原付の免許を持っていればそちらで手続きができます。その他にも健康保険証やパスポートでも手続きができます。使いすぎに注意しながら賢くローンを利用しましょう。