外国籍の方がお金を借りる方法

外国人が日本で生活をしているときに、どうしてもまとまったお金が必要になってしまったとき、金融機関に融資の申請をすることで、お金を借りることが出来るケースがあります。
外国人の全てが融資を受けられるわけではなく、一定の条件を満たしている方のみが融資を受けられます。
しかし日本人でもすべての方が融資を受けられるわけではありませんので、心配はいりません。

 

まず、一番良いのは永住許可を持っているという条件です。
永住許可を受けていれば非常に融資はうけやすく、一般的に審査が厳しいといわれている銀行ローンからも融資を受けることが出来ます。
楽天銀行や新生銀行、東京三菱UFJ銀行などは永住許可を受けている外国人に融資を行っています。

 

それでは、永住許可を受けていない外国人はどのような方法があるのでしょうか。
日本に滞在している外国人で、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書といった証明を持っている方は、融資を受けられる金融機関があります。
有名な消費者金融でいうと、アイフルやプロミスなどは、外国人でも上記の証明があれば融資を受けることが可能になります。

 

一般的に銀行よりも消費者金融のほうが融資を受けやすいので、永住許可のない方は消費者金融を検討すると良いでしょう。
又、書類の記載をする必要や、WEBからの申し込みをする必要がありますので、日本語を理解したり書類に記載する能力は必須となります。

 

これは日本人でも同じですが、返済能力があるかどうかが最も重要なポイントですので、安定した収入があることを証明することで、融資を受けることが出来ます。