個人事業主がお金を借りるためのポイント

個人事業主がお金を借りる動機にはサラリーマンや公務員と同じように生活費や医療費などが必要な場合と個人事業主でしかないような事業を始めたり継続する為に必要な場合とがあります。

 

生活費や医療費などが必要な場合では一般的なカードローンなどを利用します。一般的なカードローンなどでは借り入れしたお金の使途は原則自由となっていますが、事業用には使うことができなくなっています。

 

それにサラリーマンや公務員などと比べて個人事業主は収入の安定性が低いことや収入自体が抑えられて申告されていることから審査に通りにくくなっており、審査に通っても利用限度額が抑えられたりします。それに、審査が銀行に比べると厳しくない消費者金融などの貸金業者からの借入になると総量規制によっても利用限度額が抑えられてしまいます。

 

一方で個人事業主が一般的なカードローンなどで利用できない事業用の資金は個人事業主向けのローンでお金を借りることが出来ます。ただし、個人事業主向けのローンは事業を営んでいることが前提条件であるので確定申告書などの収入を証明する書類が必要となります。

 

個人事業主向けのローンに実績のある金融機関では個人事業主の特有に事情や収入の実質に詳しいので、審査には柔軟に対応してくれる可能性があります。それに、個人事業主向けのローンはどのような金融機関であっても総量規制の対象外になるので、利用限度額も柔軟に対応してくれる場合があります。