一定の収入を持っているなら借りられます

日雇いのバイトであれば、収入が不足している可能性もあります。そして継続している仕事と判断されないケースがあり、一定の成果を上げていない限りは借りられない傾向もあります。

 

しかし一定の収入を持っていること、日雇いでも定期的に仕事をしていること分かるようになり、仕事の動向を判断できると思われれば、借りられることもあります。絶対に借りられないというわけではなく、仕事をしている状況などがわかりやすいように、書類を出すことも必要になってきます。

 

仕事をしている状況については、契約している書類や収入証明、そして給料をもらっている時の明細などを出すことになります。これらの書類がない場合は、仕事をしているか判断することが難しいので、落とされてしまうこともあります。

 

借りるためには必要な書類をしっかり見せるようにして、なるべく借りやすい状況を作ることが望ましいです。その上で返済能力があることも示して、一定の理解をしてもらうことになります。

 

借りられない可能性が高いとは言われますが、ある程度安心して借りられる状況に持っていくことはできます。そして返済能力があるように、仕事の状況などを分かってもらうための工夫をして下さい。

 

日雇いでも借りられる会社はありますし、消費者金融などはある程度の情報を知ってから確認し、最終的な結論を出してくれます。借りられないことを前提にするより、日雇いでも借りられる可能性があることを知って行動してください。