障害の状況や場所によって変わってくる

障害を持っている人がお金を借りる場合、身体障害者であれば問題ないことも多いです。身体に障害を持っていても、仕事をしてお金を借りられる状況になっているなら、収入を得ているとして判断されることになります。

 

そのため自分が稼げる状況で、しかも返済に問題ない状況を作れるなら、一般の方と同じようにお金を借りることができます。問題は知的障害を持っている方で、借りる時に返済能力を持っていなかったり、管理能力を問われて落とされることがあります。

 

知的障害を持っている方は、介助してくれる方の存在が必要不可欠です。介助してくれる人がサポートして、返済などの状況を全て管理してくれる状況にすれば、借りられることがあります。

 

貸してくれる会社も、介助してくれる人の状況を見て判断することがありますので、こうした状態を作れば借りられる可能性は大きくなります。もちろん収入をある程度持っていることが大事になりますので、自分が仕事で稼ぎを持っていることを示すことも必要になります。

 

障害を持っている方は、収入を持っていないケースが結構ありますし、もしかしたら障害者年金程度しかお金をもらえていないこともあります。自分で仕事をして稼げるようであれば、多くの会社からお金を借りることができますが、知的障害のようになかなか仕事ができない場合などは、介助している人が持っている収入などをベースに貸してくれる会社を考えます。この場合は銀行で介助者が説明すれば、貸してくれることもあります。