漁師でお金が必要な時に融資が受けられる方法とは

個人で漁師をしているのであれば自営業と同じということになります。自営業でも安定した収入が得られているのであれば銀行からのローンも降りやすく簡単に融資してもらえることができる場合がほとんどです。

 

しかし不安定な収入の場合にはやはり銀行からの融資は諦めなければならない可能性が高いでしょう。その場合にはアコムやプロミスといった大手の消費者金融を当たってみる必要があるかもしれません。こういった消費者金融でも最近は審査が厳しくなっているということもあるようなので、とりあえずは審査に申し込みをして様子をみるしかないでしょう。

 

また漁師をしていて業業組合に所属しているのであれば、かなり有利だと言えます。地元の漁業組合の組合員であれば船を購入する場合や漁業用機器の新規購入などの際にかなりまとまったお金を融資してくれるのです。ですから組合員ならば是非とも一度所属している漁業組合に相談してみると良いでしょう。かならず力になってくれるはずです。

 

もし漁業組合に所属していない、個人経営で不安定な収入ということになると、やはり融資を受けるのは最終的に消費者金融を手当たり次第当たってなんとか融資をしてくれるところを探し出すしかないというのが実情でしょう。どちらかというと大手よりも中規模の消費者金融のほうが、より審査通過の確率は上がるとも言われているので大手、中規模、小規模取り混ぜて色々なところの審査申し込みだけでもしてみると良いでしょう。