水商売でも収入があるので借りることが可能です

水商売という職業は、収入の面での安定性や信用面では心配されますが、キャバ嬢やホストやホステスでも、きちんと雇用されて働いて収入を得ているのだから、職場への在籍確認をクリアし、この人にお金を貸しても大丈夫と相手が判断すれば、審査が通ってお金を借りられる確率はかなり高いです。

 

貸したお金をきちんと返してくれる証明がされれば、職業など本人が思うほど重要視されないのが現実です。ただし、体験入店などの日雇いバイトではなく、パートやアルバイトと言える日数として、週に3日から4日は勤務していることが大切で、同じ職場での勤務年数や出勤日数を見て信用面を判断するそうなので、働き始めて日数が経過していない人や、コロコロ職場を変えている人ほど審査が厳しくなると言えます。

 

多くの金融会社の場合、在籍確認は昼間に行うことが多いので、在籍確認を行う際は、出勤時間でお店が営業している夜にしてもらえるように伝えておくと、在籍確認の連絡がスムーズにいきます。夜の世界ではありがちな、アリバイ偽装会社を利用してお金を借りようとする行為は、バレれば罪になるので利用することは絶対にさけるべきです。

 

水商売の他に昼間は別の仕事をしている場合は、収入の多い少ないは関係なく、昼間の職業で審査を受けたほうが信用面や安定性で良いと判断されます。本人確認書類として運転免許証・顔写真入りマイナンバーカード・パスポート・学生証、収入証明書として給与明細書や源泉徴収票の提出が必要になるので、きちんと用意しておくことが大切です。おススメは、アコムとプロミスです。