書類確認ができれば電話確認を省略できることがあります

経営がきちんとしている優良企業であれば、基本的に外に勤めている人からの申請があった場合には電話での在籍確認を行います。その人に定期収入があって貸し出したお金を返済する能力があるかどうか、勤めていることが虚偽の申請ではないかを知るためには必ず必要です。

 

もちろん債権者側が損をしないためでもありますが、ひいては利用者のためにもなります。しかし、在籍確認はあくまでも「本当にそこに勤めているのか」を知るための手段です。一番時間がかからず数分で終わる手っ取り早い方法だからこそ電話がよく利用されていますが、それ以外の方法で確認ができれば電話をかけなくてもいいことになります。それが書類確認です。

 

書類で勤め先を証明するためには、収入証明書や源泉徴収、社会保険証などを提出することで確認をしてもらうことができます。それらのコピーを郵送するか、もしくはメールに写真を添付するかして、確認できたことを携帯電話やメールで知らせてもらえば完了です。

 

事前に在籍確認のために職場に電話をかけるのをやめて欲しいこと、書類確認にして欲しいことを必ず伝えておいて、書類確認時に必要となるものを指示通りに揃えておくようにしましょう。よっぽどのことがなければそれで在籍確認の電話がかかってくることはなくなります。

 

書類確認で電話での在籍確認を省略してもらえる消費者金融業者と金融業者はいくつかありますので、実際に利用したかたの口コミなどを参考にしてみてください。