生命保険を担保にお金を借りる事が出来ます。

急に現金が少しまとまったお金が必要だけれども、お給料が高いわけでもなく、貯蓄があるわけでもなく、自宅や土地を所有しているわけではないので、自分にはお金を貸してくれるところなんてない!なんて悲観的になっている人も多くいると思います。

 

しかし、自分や配偶者などが加入している生命保険を担保にして、お金を借りる事が出来るのです。
この方法を意外と知らない人が多いため、金利が猛烈に高い場所からお金を借りてしまったり、親や兄弟に恥を忍んで頭を下げたのでに、お金を借りる事が出来なかった人などに耳寄りな話です。

 

生命保険を担保のお金を借りれる方法は、払い続けている生命保険で現在の解約返金額に対する、一定割合を制限として、現金を借りる事が出来るのです。急にお金が必要になった場合などには、お金を借りる有効な方法と言えるのです。

 

この方法の事は契約者貸付制度と言います。生命保険での契約者貸付制度は加入している生命保険の解約返金を担保に生命保険の会社からお金を借りる制度の事なのですが、借りることの出来る金額は通常は解約返金額も70%~90%内だと言われています。生命保険会社や保険の契約内容によって金額は変わってきますので、確認が必要になります。

 

勿論、金利なども発生してますが、金利も保険会社や保険契約内容によっても様々です。
しかし、世の中には自分が加入している生命保険を担保のお金を借りられることを知らない人が多数なので、この事を知っているだけで、いざと言う時に有利になるのです。