利息なしで借りる際には条件をよく確認

急に10万円程度のお金が必要になったという場合、各カードローン会社の無利息ローンと言われるものを利用するということになるでしょう。一定期間の利息が免除されているなどという事もあり、短期間での借り入れという事であれば非常にお得に借りることができるものです。

一見素晴らしいもののようですが、デメリットも存在します。もしこうした無利息ローンを使う場合には、条件をよく確認して、デメリットを知ったうえでそれを避けるような利用をしていきましょう。

まず、ある程度長期に借り入れをする場合には向かないことが多いという事に気を付けましょう。7日間など短期間が無利息になっているだけで、それよりも返済が後になってしまうという場合には、通常の借り入れよりも高い利息が付いているという事も珍しくありません。

 

すぐに返済するめどがついているならば無利息で済ませることができても、そうでない場合はずるずると返済を伸ばしてしまい、高い利息が付いてしまうという事もあるのです。自分の返済がどうなるかという事を考えあわせたうえで利用するかどうかを検討していきましょう。

また、利用条件もしっかり確認していきましょう。契約日から一定期間の場合無利息で借りられる、という場合、契約日と借入の日の間が空いていると、無利息になる機関が大幅に短くなるという事もあります。また、回数が決められているという事もあるので、複数回利用しようと考えている場合もチェックが必要です。
こうした点に注意し、条件をきちんと把握したうえで利用していきましょう。

初めてお金を借りるときに知っておきたいこと

女性の方で今月お金のやりくりが厳しい!という人もたくさんいますよね?特に冠婚葬祭で出費が重なったときはお金がなくなってしまうことも珍しくありません。
そこで、そのようなときはキャッシングも考えることもあるでしょう。

 

ですが、初めてのキャッシングで右も左もわからない人もいるでしょうし、お金を借りるときの注意点も知りたいですよね。
消費者金融で初めてお金を借りるときですが、まずは大手の有名な消費者金融でキャッシングするのが良いでしょう。

 

名前のよくわからない小さいところだと不安も大きく、利息もヤミ金並に高いかもしれません。そうならないように、大手の安心できる消費者金融にするのがおすすめです。
そして、借入金額が10万円であれば、アコムなら50万円以下だと収入証明書なども不要なので、身分証があればキャッシングを行うことが可能です。

 

ネットから簡単に審査申し込みができる時代なので、スマホなどからキャッシングの申し込みをしてください。審査がパスすれば早ければ当日中に口座にお金を振り込んでもらえうので、すぐにお金を借りたい女性にはすごくありがたいでしょう。

 

もちろん、キャッシングには注意点も多くあります。何と言ってもお金を借りすぎないことです。借金を何度もしたり、金額が大きくなれば返していくのが困難になるので、借入額は小額にし、どうしてもお金が足りないときだけにしてください。

お金を借りる前にどうやって返済していくか!どのようなプランで借金返済をするのかなど、借金をした後のこともよく考えておくことで、スムーズに借金を返済していけるのではないでしょうか。

外国籍の方がお金を借りる方法

外国人が日本で生活をしているときに、どうしてもまとまったお金が必要になってしまったとき、金融機関に融資の申請をすることで、お金を借りることが出来るケースがあります。
外国人の全てが融資を受けられるわけではなく、一定の条件を満たしている方のみが融資を受けられます。
しかし日本人でもすべての方が融資を受けられるわけではありませんので、心配はいりません。

 

まず、一番良いのは永住許可を持っているという条件です。
永住許可を受けていれば非常に融資はうけやすく、一般的に審査が厳しいといわれている銀行ローンからも融資を受けることが出来ます。
楽天銀行や新生銀行、東京三菱UFJ銀行などは永住許可を受けている外国人に融資を行っています。

 

それでは、永住許可を受けていない外国人はどのような方法があるのでしょうか。
日本に滞在している外国人で、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書といった証明を持っている方は、融資を受けられる金融機関があります。
有名な消費者金融でいうと、アイフルやプロミスなどは、外国人でも上記の証明があれば融資を受けることが可能になります。

 

一般的に銀行よりも消費者金融のほうが融資を受けやすいので、永住許可のない方は消費者金融を検討すると良いでしょう。
又、書類の記載をする必要や、WEBからの申し込みをする必要がありますので、日本語を理解したり書類に記載する能力は必須となります。

 

これは日本人でも同じですが、返済能力があるかどうかが最も重要なポイントですので、安定した収入があることを証明することで、融資を受けることが出来ます。

無利息でお金を借りられるサービスがある金融機関

ズバリ、無利息でお金を借りられる金融機関はいくつかあります。

ただし、永久に無利息サービスが続くキャッシングやカードローンは、残念ながらありません。期間や金額などが決められています。そういった条件をしっかり知った上で、上手に利用することが大切です。

 

大手消費者金融会社のプロミスとアコムなら、初めての利用者限定となりますが、30日間の無料サービスを利用して借り入れることができます。

最短で即日融資も可能ですので、急ぎで現金が必要な時にも便利です。通常なら、借りたその日から利息が付くのが、無利息なら借りた分だけを返済するだけでいいので、かなりお得です。ただし、30日過ぎてしまうと利息が発生してしまいますので注意しましょう。もしも30日以内に返済しきれなくとも、出来る限り無利息期間中に返済を沢山しておけば、その分利息を減らせるのでお得です。

 

この他、新生銀行カードローンのレイクにも、初めての利用者限定で無利息サービスが利用できます。レイクの場合、2通りの無利息サービスから選ぶことができます。1つは、アコムやプロミス同様の30日間全額が無利息となるサービスです。5万円まで180日間無利息サービスが付くサ―ビスです。

 

10万円借り入れるとなると、どちらのサービスを選ぶかが迷いどころでしょう。例えば、1ヶ月以内のうちに10万円を返済できるアテがあるのでしたら、断然30日間全額無利息サービスが付いている方がお得です。また、5万円ぐらいならすぐ返せるという場合なら、残りの5万円は180日間の無利息サービスを利用すればいいでしょう。自分の返済ペースに合わせて選ぶようにしましょう。

無利息で1か月以上お金を借りることができる消費者金融・銀行カードローン一覧

急に現金が必要になって困った時には消費者金融のカードローンを利用するととても便利ですが、
利息の負担はできる限り軽くしたいですよね。

 

プロミス

 

SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなら、はじめてキャッシングをする人でEメールアドレスを登録してWeb明細を利用する人に限ってですが、30日間無利息でお金を借りることができます。1か月間も全く利息無しでお金を借りることができるというのは、うれしいですよね。

 

新生銀行カードローン レイク

 

また新生銀行カードローン レイクでは、借り入れをした金額のうち5万円までを180日間無利息にするか、お借入額全額30日間無利息にするというどちらか好きな無利息サービスを選んで利用することができます。
5万円までなら半年という長期間、無利息でキャッシングをすることができるのでとてもお得です。

レイクの無利息サービスも初回利用者限定ですが、上手に活用したいものです。

プロミスもレイクも大手銀行グループに属しているので安心して利用することができますし、わざわざ店舗まで出かけなくても、ホームページにアクセスをすればパソコンやスマホから簡単にキャッシングの手続きをすることができるというメリットがあります。

 

電話確認も個人名で行われるのでプライバシーを守ることができ、本人確認のための書類もデジカメやスマホで撮影した画像をアップロードすればいいだけなので、キャッシングをするための手続きはとても簡単です。

 

14時までに全ての手続きを完了することができれば、その日のうちに指定した口座に現金を振り込んでもらえる即日融資も可能なので、ぜひ無利息で賢くお金を借りたいですね。

世の中で1番得なお金の借り方

利息なしでお金を借りる方法としては、無人サービスの無利息期間を利用することで可能です。

会社によって違いますが2週間なら無利息だったり、中には1ヶ月以内なら無利息なんてとこもあります。

 

期間は短くなりますがこれらのサービスを数社利用していけばいい具合に出来ます。

借りる期間をずらすことで互いの返済にもあてられて結構都合よく行けます。

 

ただ欠点としてはどこも期間が長くても1ヶ月というところ、期間を過ぎてしまうと課金されてしまうことですね。

しっかり管理してやることが出来れば少額は確実に無利息で借りることが出来ます。

 

高額の場合は1番手っ取り早いのが家族、知人に借りることです。

一見普通の借り方ですがこの借り方は世の中では1番得な借り方です。

 

利息がかからない上、契約もない。

こんな好条件でお金を借りれる条件はまずないです。

 

ただ気を付けなければいけないことは多くありますね、人間同士ですから。

 

1番重要視しなければいけないのは信頼です。

これがなければ借りることもできないばかりか、今後の人生におおきな影響が出てしまいます。

なのでこの借り方というのは1番身近で簡単に見えますが、本当は1番大切にしていかなければいけない借り方です。

 

逆に言えば信頼を崩さずにいい感じで居ることができれば1番安心な無利息の借り方になります。

信頼はお金をかけなくても、タダでも作りあげて行けます。

ここに重点を置いていくことが重要だと思います。

1社から長期間無利子で借りるというのは無理だが、やり方次第では可能

ctr033a-sお金を借りる時に気を付けなくてはいけないのが、「利息」です。

借りた金額に応じて、定められた期間ごとに発生する手数料みたいなもので、借金の返済というと元金と利息分を返済するのが一般的です。

そのため、お金を借りる際には出来る限り利息が低い所を選ぶのが当然のことです。
理想を言えば、「無利息で長期間借りることが出来れば最高」なのですが、そんなことは可能なのでしょうか?

 

結論から言えば、そんな美味い話はありません。
お金を貸すのも慈善事業ではなく、手数料というのはいわば貸金業者側の儲けですから、ずっと無利子なんて虫の良い話は存在するわけがないのです。

 

しかし、長期間は無理であっても指定条件を満たすことである一定期間だけは無利子というシステムの貸金業者はいくつもあります。
そういった所を上手に使い回すことで、借り換えの手間というのはありますが、結果的に長期間利子を支払わないでお金を借りることが出来ます。

 

現在、無利息期間を設けている金融機関や貸金業者は非常に多く、その中には大手も名前を連ねています。

 

どこの無利息期間も基本的には30日間となっていますが、特筆すべきはレイクの「30日間無利息または5万円まで180日間無利息を選べる」というものと、ノーローンの「何度でも1週間無利息」というシステム。
特に後者の場合、1週間以内に完済して新たに借り入れを続ければずっと利息無しで借りることが可能となります。

 

無利息期間をうまくやりくりして、結果的に長期間の無利子を実現することというのは、不可能ではありません。

4つの無金利サービスを上手に利用する方法

4つの無利息サービスを上手に活用

 

無金利でお金を借りることが出来れば非常に便利ではないでしょうか。キャッシングやカードローンサービスを展開している消費者金融などの中には、無金利サービスを行っているところも複数あります。

 

プロミス・アコム

 

特に有名なのは「プロミス」(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです)と「アコム」ではないでしょうか。

どちらも初めての利用者のみという限定されたサービスにはなりますが、契約日の翌日から30日間は無金利でお金を借りることが可能になっています。

 

ここで注意すべき点は、契約日の翌日から30日間という点です。

簡単に言えば契約後30日間経過してからお金を借りた場合には、無金利ではなくなるわけです。

 

ですから無金利期間を最大限に利用するのであれば、契約してからすぐにお金を借りる必要があります。

契約日から日数が経てば経つほど無金利で利用できる日数が減るわけです。

 

新生銀行カードローン レイク

 

銀行カードローン レイク」の場合には、30日間無金利のほかに、初めてのお借り入れの場合に限り、借入額の内の5万円までは180日間無金利で借りることが出来るサービスもあります。

30日間無金利か、5万円まで180日間無金利かどちらか一方を選ぶ必要はありますが、7万円借りて2万円だけ返済を行い、残りは180日間かけて少しずつ返済するという使い方も出来ますから、どちらか便利なほうを利用すると良いのではないでしょうか。

 

ノーローン

 

他にも長期間ではありませんが、「ノーローン」という会社も無金利サービスを行っています。

ノーローンの場合には、初めて利用した場合に一週間の無金利サービスが利用できます。

※( ノーローンの評判はこちら

通常は1回のみで無金利サービスは終了になると考えますが、ノーローンの場合、借りたお金を完済した場合には翌月また一週間の無金利サービスを利用できます。

上手に利用すれば、一週間の無金利サービス期間中にお金を借り、期間中にお金を全て返済出来れば、また翌月無金利で利用が可能になるわけです。

 

無金利の状態を何度でも使うことが出来ますから、こちらのサービスも利用する価値があるのではないでしょうか。

無利息で借金する2つの方法

まず大前提として借金をすれば貸した側に利息を請求する権利が生じます。
銀行や消費者金融は必ず年利何%と提示しています。
個人間の貸し借りであっても利息なしという取り決めをしない限り法律で定められた利率で利息が発生します。

 

また、期日までに返済できない場合にも法律で定められた利率で利息が発生します。
これらを法定利息といいます。
(個人の場合には人間関係もあるため法律を盾にして利息を請求するといったことはあまりないかもしれません。)

 

家族・友人から借りる

 

長期的に無利子で借金をしたいのであれば、家族や友人などから借りるのが最も現実的です。

その際、必ず賃借契約書を取り交わして、無利子であることと返済期限を確認してください。
そうしておいてきちんと期日までに返済すれば後から利息を請求されることはなくなります。

 

無利息キャンペーンを活用

 

頼れる人が周りにいない場合にも方法はまだあります。
消費者金融の初回キャンペーンを利用するのです。
多くの消費者金融では初回利用に限って無利子となるキャンペーンを行っています。

 

貸出限度額が低めで30日以内に返済する必要があるなどの制約はありますが、いくつかの業者を掛け持ちすることで限度額や返済期日を延ばせます。
数ヶ月以内の借金を考えているのならこの方法も検討してみてはいかがでしょうか?
(※消費者金融の利率は非常に高いので、普段の借金には向きません。キャンペーンのときだけ利用するなど自分でルールを決めて守ることが大切です。)

利息なしで長期借入…なきにしもあらず。

正直に申しますと、利息なしで長期でお金を借りる、とういのはかなり厳しいのでは…と思います。
実際にそういった意見も多いと思います。

 

某テレビ番組でも、利息制限法を完全無視した十日で一割、いわゆる「トイチ」という言葉をよく耳にします。
上記の例は極端ではありますが、基本的には利息は必ず付いてしまうものです。

 

それも長期で借りるとなれば、さらに利息は高くなるものです。
しかし、様々な理由からお金を借りなければならない、早急にお金を必要としている、しかしながら返済するまでは長期間欲しい…

 

これだけを聞いていると、「じゃあ死に物狂いで働いて切り詰めた生活をしたら?」というような声が聞こえてきそうですが…
それでも足りない、というのであれば、もう金融会社に頼ることはあきらめましょう。

 

はっきり言ってしまえば、家族、親せき、友人に借りましょう。
会社ではないので基本的に利息を付けることもないでしょう。

(友人であれば、金利をつけられてしまう可能性もあるかとは思いますが。)

 

家族、親せきであればそのような可能性は低いと思います。
借りる本人様がお若いのであれば(息子のために…孫のために…)と、貸してくれるでしょう。(ある程度年齢を重ねている方であれば少し話は変わってしまいますが。)

 

さらに、友人の場合、やはり血の繋がりがないのでよほど信頼しあえてる関係でなければ長期の大金の借入は厳しいでしょう。

 

例えば、「あぁ、三年前に車買うのに貸した六十万?もういいよ、そのお金お父さんに返すなら貯金にまわせ。」と、家族であれば、あわよくばこのようなことになるでしょう。

 

良心が痛むような気もしますが、今回のような条件であれば仕方がありません。